Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大好きです。ロバートデニーロ

taxidriver01.jpg

自分のベスト俳優の一人です。デニーロ最高ですね!特にタクシードライバーでのデニーロは最高ですね!モヒカン頭のデニーロが見れるのは、この映画だけです。
スポンサーサイト

蝶の舌

けっこう悲しい映画ですね。
第2次大戦前のスペインを舞台にした映画ですけれども軍がクーデターがおき、共和派の人たちは迫害されてしまうことになり、共和派だった先生も治安警察に連行されてしまうのです。ラストシーンでの、主人公の子がいろいろ世話になった先生に罵倒した所での言われた先生のあの悲しい顔は忘れることができません。主人公の子も自分が何を言っているのかきっと理解できていないと思います。戦争が人に何をさせるのか、わかった気がする映画でした。

生きてこそ

良い映画ですね~
とあるラグビーかフットボールのチームが飛行機で遠征しに行く途中で、冬山に墜落してしまった・・・という映画です。
生きるために人の肉まで食べるという過酷さのなかで人間と人間のぶつかり合いなどいろいろ考えさせられる映画です。ラストのアベマリアの歌は、最高です。

地震ですよ~

九州の方で地震なんて・・本当ですか?
日本中どこでも地震は来るということですねぇ。
いやぁ怖い怖い・・
そういえば地震の被害が多かった島ってどこだっけ・・・

16歳の合衆国

この映画は、アメリカ映画らしからぬ映画だったと思います。
ふつうのアメリカ映画には無い、主人公たちの心理描写というのがとても巧く描かれていて大変引き込まれる作品だと思います。
アメリカでは、少年事件があると何かにつけて親が悪い、彼女のせいだ、環境が悪かった、など犯罪理由をみいだそうとするというのがこの映画をみてわかったきがします。そのことは、アメリカだけでなく日本でもあることで、普通の子だったのに・・・なんでこんなことをしたのか、信じられないなど、今の子供の奥底にある心情をないがしろにするようなことが今の日本ではまかり通っています。
しかし、この映画をみているとただ単に理由がなかったのではなく、事件に至る過程でその原因となることが色々あったのではないかと思います。そのような苦しむ若者たちを救って上げられる所が無い限り、今のアメリカ、日本は駄目になっていくのではないかと思います。

天国と地獄

この映画はすごい!
この映画は、先生の薦めで観た映画なんですけれどとにかく先生に感謝をしなければいけないとおもいました。先生から進められなければこの映画には出会わなかったでしょう。まず主演の三船敏郎が良い!!そして刑事役の仲代達也がいい!そして監督の黒沢明がなにより良い!ぜひ観てください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。