Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://eigasaikou.blog4.fc2.com/tb.php/70-bc5476f7

少年時代


終戦前後の富山で、東京から疎開してきた子の話です。

久しぶりに邦画を観て泣きそうになりました。。

やっぱ昔は、今と違ってガキ大将とかちゃんといたんですね~。

ガキ大将の子かっこよかったです。。

主人公の子とそのガキ大将の子との友情が、かなり泣けますね!

一回主人公は、ガキ大将を裏切ってしまうんですけど、それでも途切れないその子との友情がまた涙を誘います。

さらにラストに流れる井上陽水の少年時代が最高に良かったです。

しかし、主人公たちがそうして子供らしい生活を送ってる中で、戦争が子供たちの生活に深く影響していた事にショックを覚えました。

子供たちの考え方の中にも戦争の影響で、暴力的な所が出てきたんじゃないかなと思います。

子供らしく、みんなが楽しく生活していかなければならないのに、戦争のせいで子供たちの心に暗い影を落としている事に憤りを感じました。。


終戦後、子供たちが軍歌を歌うのを止めろと言われた時に、主人公の叔父さんが言ったセリフで、「この子達は、軍歌以外に歌える歌はないんだ、軍歌しかしらないんだ。」というセリフが印象に残りました。

戦争って嫌だなぁ。。

20060218200645.jpg

スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://eigasaikou.blog4.fc2.com/tb.php/70-bc5476f7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。