Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://eigasaikou.blog4.fc2.com/tb.php/79-f1f1a390

父帰る

ロシア映画です。とても重苦しい映画でした。。

父親が12年ぶりに帰ってきて息子二人と旅をするという話なんですけど、とにかく不条理な映画です・・・。

ロシア映画ってこんな感じなんだぁ、なんて思いました。

この映画はかなりセリフが少ないんですけど、それが別に不自然ではないんですね。

父親が12年ぶりに帰ってきたというのに、なぜか喜ばない母と祖母。
劇中には、このような謎がたくさん出てくるんですけど、それは最後まで解き明かされないままなんです。

その謎が気になるのは本当なんですけど、別にそれがこの映画の本質ではないのかもしれません。

劇中に出てくるロシアのきれいな風景というものが心に染み入ります。

今はまだ父親が子供たちに一体なにを伝えたかったのかという謎はわからないままだと思うんですけれど、自分自身が父親になった時に、わかるかもしれません。

20060224190652.jpg



http://case.blog18.fc2.com/blog-entry-56.html#a56
スポンサーサイト

Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://eigasaikou.blog4.fc2.com/tb.php/79-f1f1a390

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。